米国金融機関の破綻件数(2016年)

2017年1月6日

概要

1.処理方法について
「P&A」はPurchase and Assumption(資産負債承継)の略。うち「P&A-A」は承継金融機関が破綻金融機関の全預金(All Deposits)を承継する方式。「P&A-I」は承継金融機関が破綻金融機関の付保預金(預金保険により保護される預金)のみを承継する方式。
「Payout」は破綻金融機関を清算し、預金者に付保預金を払戻す方式。(Deposit Insurance National Bank(DINB)による一時的な取引スキームを含む。)

2.ロス・シェア
「ロス・シェア」契約とは、P&Aにより受皿金融機関が買取った資産から将来生じる損失について、一定期間、一定の割合をFDICが負担する契約。「○」はロス・シェア契約が適用されていること、「×」は適用されていないことを表す。

3.プレミアム
「プレミアム」は承継金融機関が預金を承継する際に、FDICに対して支払うプレミアムのこと。


米国における金融機関破綻件数の推移

(件/年)

2005年 2006年 2007年 2008年 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年
0 0 3 25 140 157 92 51 24 18 8 5

2016年における月別破綻処理件数 (件/月)

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 合計
0 0 1 1 1 0 0 1 1 0 0 0 5
2016年の破綻処理方式別件数
方式 件数
Payout 0
付保預金移転 0
P&A-I(付保預金のみ) 0 P&A-A(全預金)のうち
P&A-A(全預金) 5 ロス・シェア付 0
合計 5 ロス・シェア無 5
[参考]2015年
方式 件数
Payout 0
付保預金移転 0
P&A-I(付保預金のみ) 0 P&A-A(全預金)のうち
P&A-A(全預金) 8 ロス・シェア付 0
合計 8 ロス・シェア無 8
機構の活動
資金援助等実績
金融機関の破綻処理
資本増強・資本参加(震災対応含む)
健全金融機関等からの資産買取
特定回収困難債権の買取り
不良債権回収、責任追及
資金調達(借入れ・預金保険機構債)
立入検査
国際業務・調査研究
振り込め詐欺救済法に基づく業務
金融システムの安定化を図るための金融機関等の資産及び負債の秩序ある処理に関する措置