震災特例金融機関等の「優先配当年率としての資金調達コスト(平成28年度)」について

平成29年7月10日
預金保険機構

金融機能の強化のための特別措置に関する法律に基づき、震災特例金融機関等から協定銀行が引き受けた優先株式又は信託受益権の「優先配当年率としての資金調達コスト(平成28年度)」は、次のとおりです。

0.06%

(注)「優先配当年率としての資金調達コスト」(%)*=

①預金保険機構における金融機能強化勘定の「経常費用」+②整理回収機構の同勘定の「経費」 ×100
③預金保険機構における同勘定の「短期借入金」平残+④同「預金保険機構債」平残
  ①212,111,279円(金融機能強化勘定経常費用432,147,510円−事業外収益に計上された機構債利息
  220,036,231円)
  ②46,068,131円
  ③158,691,232,877円
  ④281,643,835,616円
小数点以下2位まで算出・公表する。
小数点以下2位未満の端数があるときは、これを切り上げる。

お問い合わせ先

預金保険機構
財務部 財務企画課
TEL:03-3212-6099

機構の活動
資金援助等実績
金融機関の破綻処理
資本増強・資本参加(震災対応含む)
健全金融機関等からの資産買取
特定回収困難債権の買取り
不良債権回収、責任追及
資金調達(借入れ・預金保険機構債)
立入検査
国際業務・調査研究
振り込め詐欺救済法に基づく業務
金融システムの安定化を図るための金融機関等の資産及び負債の秩序ある処理に関する措置