全国信用協同組合連合会が発行する優先出資の引受け等について

平成28年12月27日
預金保険機構

  1. 去る11月25日、金融機能の強化のための特別措置に関する法律(以下「金融機能強化法」という。)第34条の4の規定に基づき、全国信用協同組合連合会に対して、優先出資の引受け等の決定が金融庁により行われたところです。
    この決定を受けて、本日、株式会社整理回収機構において、全国信用協同組合連合会が発行する優先出資の引受けを実行しました。引受けた優先出資の概要は下記のとおりです。
  2. 当該優先出資の引受けによる国の資本参加は、全国信用協同組合連合会傘下の信用組合が、地域においてこれまで以上に積極的に金融仲介機能を発揮していくことを目的とするものであり、資本参加に係る業務は、預金保険機構の重要な責務の一つであると考えております。
  3. 当機構としては、今後とも、関係当局と密接に連携しつつ、金融機能強化法に基づく資本参加に係る業務を確実かつ円滑に実施してまいります。

【優先出資の概要】
種類 社債型非累積的永久優先出資
発行価額 1口につき200,000円
発行総額 6,240百万円
発行口数 31,200口

お問い合わせ先

預金保険機構
金融再生部 業務課
TEL:03-3212-6020

機構の活動
資金援助等実績
金融機関の破綻処理
資本増強・資本参加(震災対応含む)
健全金融機関等からの資産買取
特定回収困難債権の買取り
不良債権回収、責任追及
資金調達(借入れ・預金保険機構債)
立入検査
国際業務・調査研究
振り込め詐欺救済法に基づく業務
金融システムの安定化を図るための金融機関等の資産及び負債の秩序ある処理に関する措置