預金保険機構職員の名をかたる詐欺にご注意ください

平成29年7月5日
預金保険機構

最近、預金保険機構職員になりすまし、「預金保険機構の者ですが」などと電話で連絡し、口座番号等を聞き出した上で、「担当者が伺います」などと言い、キャッシュカードをだまし取る事案が発生しています。


犯罪の手口 (例)

家電量販店の店員を名乗って、「あなたのクレジットカードが不正利用されました」などと言って電話を掛けてきます。さらに、「不正利用について、預金保険機構から照会が入ります」と言って、一回電話を切ります。その後、預金保険機構職員を名乗る者が電話を掛け、その後訪問してきて、言葉巧みに取引銀行、口座番号等を聞き出して、キャッシュカードをだまし取ってしまいます。


当機構の職員が、電話や訪問をして取引銀行や口座番号を聞き出したり、キャッシュカード、クレジットカードや現金をお預かりするようなことは一切ありませんので、ご注意してください。


不審に思った場合は、安易に口座番号等を伝えたり、キャッシュカード等を渡したりせず、最寄りの警察や当機構にご相談をお願いします。

お問い合わせ先

預金保険機構    総務部
広報・情報管理室
TEL: 03-3212-6029

お知らせ
記者発表資料
調達情報
人事関連情報
講師派遣(無料)
ご注意ください!振り込め詐欺
預金保険機構の名をかたった「なりすましメール」にご注意ください
新着情報メール配信サービス