資金交付制度

ポストコロナにおける地域の金融機能を維持する観点から、金融機能強化法が改正され、金融機関等が事業の抜本的な見直しとして実施する経営基盤の強化のための措置の円滑な実施に寄与し、金融機関等の業務の健全かつ効率的な運営及び地域における経済の活性化に資することを目的として「資金交付制度」が創設されました。

預金保険機構は、同法に基づいて、金融機関等との資金交付契約の締結や資金交付等に関する業務を行っています。

 
(参考)金融庁のウェブサイトへのリンク

ページトップへ戻る