株主議決権行使の基本的な考え方

議決権については、以下の点に留意しつつ、株主としての利益確保の観点から、適切に行使する。

  • 銀行経営の健全性の維持に資するものかどうか。
  • 公的資金の返済財源の確保に資するものかどうか。
  • その他、金融の円滑化等公的資本増強の根拠となった法律の趣旨に沿ったものかどうか。

なお、行政上の方針・措置との整合性を図る。

ページトップへ戻る