金融機能強化法に基づく優先株式の引受けについて

平成21年3月31日
預金保険機構

1. 去る3月13日、改正金融機能強化法第5条第1項に基づき、北洋銀行、福邦銀行及び南日本銀行に対して、国の資本参加の決定が行われたところですが、本日、金融機関等の自己資本の充実のための業務の委託先である整理回収機構により、北洋銀行、福邦銀行及び南日本銀行の優先株式の引受けが行われました。
2. 同法に基づく資本参加は、金融機関の金融仲介機能を一層強化することにより、中小企業等に対する円滑な資金供給、地域経済の活性化を図ることを目的とするものであり、当機構の重要な責務の一つであると考えております。
3. このため、今後とも、関係当局と密接に連携しつつ、資本参加に係る業務を確実かつ円滑に実施してまいります。
なお、今般引受けた優先株式の概要は、以下のとおりです。
【優先株式の概要】
  北洋銀行 福邦銀行 南日本銀行
種類 株式会社北洋銀行第1種優先株式 株式会社福邦銀行A種優先株式 株式会社南日本銀行A種優先株式
発行総額 100,000百万円 6,000百万円 15,000百万円
発行株式総数 200百万株 6百万株 30百万株
発行価額 1株につき500円 1株につき1,000円 1株につき500円

問い合わせ先

預金保険機構 金融再生部
TEL 03-3212-6020

ページトップへ戻る