株式会社新生銀行第二回甲種優先株式の取得請求による同行普通株式の取得について

平成20年3月31日
預金保険機構

株式会社新生銀行第二回甲種優先株式の取得請求による
同行普通株式の取得について

取得請求を行った株式の名称 株式会社新生銀行第二回甲種優先株式
  保有額(注1) 96,886,400,000円
保有株式数(注1) 74,528,000株
一株の払込金相当額 1,300円
引換価額(注2) 360円
取得した株式の名称 株式会社新生銀行普通株式
  取得した株式数(注3) 269,128,888株
(注1) 当該優先株式は金融機能安定化法による資本増強時に1,300億円(1億株)を引受けたが、特別公的管理終了に伴い平成12年3月31日に減資され、上記の保有額・保有株式数になっている。
(注2) 当該引換価額の修正条件は同行の定款及び発行時の取締役会決議で、「毎年9月16日時点の時価によって下方にのみ修正されるが下限引換価額(360円)を下回る場合は下限引換価額とする」と定められており、現在の引換価額は下限引換価額である360円となっている。
(注3) 取得株式数=保有額/引換価額
(注4) 今般の取得請求権の行使は、当機構の「当面の対応」(平成17年10月公表)の「1.基本的な考え方」に沿って財産管理上の観点から行ったものである。
なお、本件取得請求を行わず、一斉取得日(平成20年4月1日)を迎えた場合に交付を受ける予定の普通株式数は149,056,000株(=保有額968.864億円/一斉取得時引換価額650円)であった。

問い合わせ先

預金保険機構 金融再生部

電話 03(3212)6020

ページトップへ戻る