タイ中央銀行およびタイ預金保護機構の訪問団が当機構を訪問

平成26年8月26日

2014年8月5日、タイ中央銀行のSalinee Wangtal総裁補、タイ預金保護機構のSorasit Soontornkes総裁、及び両機関の役職員一行が、日本の金融破綻処理実務に関する研究のために、当機構を訪問されました。当機構とのセッションにおいて、破綻処理の概要、日本振興銀行の事例の紹介、ブリッジバンクの役割、資産査定の方法等について意見交換を行いました。タイの両機関及び当機構は、引き続き協力を発展させていくことを確認しました。

ページトップへ戻る