日本振興銀行の保全処分決定等について

平成22年9月10日
預金保険機構

1. 日本振興銀行の保全処分決定について
 

日本振興銀行(以下、当行)は、本日9月10日金曜日、東京地方裁判所に対して民事再生手続開始の申立てを行いました。

また、同時に保全処分の申立ても行い、本日、同裁判所より業務および財産に関する保全処分命令が発令されました。

これにより、当行は、9月9日までの原因に基づいて生じた債務の弁済および担保の提供の行為が禁止されました。ただし、預金保険で保護される預金につきましては、弁済禁止の対象外とされており、営業開始後は払戻しが可能となります。

 
2. 株式会社第二日本承継銀行との基本合意締結について
 

当行は、預金保険機構の全額出資により設立された株式会社第二日本承継銀行との間に「事業譲渡に関する基本合意書」を締結しました。

この基本合意書の締結により、営業を継続しながら準備を進め、約8か月後を目途に当行の事業の一部を第二日本承継銀行に譲渡することを予定しています。

預金保険機構は第二日本承継銀行に対して、当行の事業の引き継ぎに際して必要な費用を贈与します。

預金保険機構は、第二日本承継銀行へ事業譲渡するための作業と並行して、関係当局と密接に連携を図りつつ、最終的な受皿となる金融機関を早急に確保することに鋭意努力してまいります。


株式会社第二日本承継銀行について

1.  設立等 平成16年3月1日
資本金21億2千万円(全額預金保険機構が出資)
2.  目的

金融機関の破綻に際して、その受皿となる救済金融機関が直ちに現れない場合に、金融整理管財人による管理下におかれた破綻金融機関の預金等(預金保険で保護されている預金等)や貸出資産等を引継ぎ、その業務の暫定的な維持・継続を図るとともに、再承継先を探し、事業譲渡等を行うことを主な目的とする。

3.  役員 取締役 3人 (代表取締役社長    篠窪    進)
監査役 3人 (うち非常勤2人)
4.  所在地 本店

東京都千代田区有楽町1丁目12番1号
新有楽町ビルヂング9階


ページトップへ戻る