名寄せのイメージ


○皆様の預金については、以下のとおり同一人の預金を合算し預金保険で保護される預金額の確定(「名寄せ」)を行います。
〇同じ金融機関に複数の預金がある場合   ⇒   複数の預金を名寄せします。

〇家族の預金   ⇒   それぞれ1個人ずつ別々に名寄せされます。

〇個人事業主の預金   ⇒    事業主本人の預金に名寄せされます(個人事業主が法人格を有している場合は別個の預金口座として扱われます)。
○法人の預金   ⇒   法人格ごとに名寄せされます。
【預金保険で保護される預金の特定】
   同一預金者が同一金融機関に預金口座を複数持っており、かつその元本が1,000万円を超える場合には、預金保険法で定められた次の優先順位により、元本1,000万円を特定することとなっています。
    ①   担保権の目的となっていないもの
    ②   弁済期(満期)の早いもの
    ③   弁済期(満期)が同じ預金等が複数ある場合は、金利の低いもの
    ④   元本の額の少ないもの
    ⑤   口座番号の若いもの
    ⑥   担保権の目的となっているものが複数ある場合は、上記の②から⑤までを準用する。

ページトップへ戻る