第202回預金保険機構運営委員会議事要旨

日時 : 平成21年3月25日(水)9時30分~10時50分

議決事項

1.決済用預金に係る預金保険の保険料率を次のとおり変更すること

「決済用預金」    0.107%

  • 担当理事より、以下のとおり説明。

    機構財政(一般勘定)は、平成20年度末(見込)で約0.9兆円の欠損を見込んでおり、実効料率の引き下げは適当ではないこと。一方、金融機関の預金保険料負担は相当の水準で推移していることから、実効料率の引き上げも適当ではないこと。また、決済用預金の預金保険料率を一般預金等の預金保険料率よりも高く設定することが適当であるほか、対象預金等の動向をみると、決済用預金の減少、一般預金等の増加により、預金構成が変化していること。

    こうしたこと等を踏まえると、平成21年度に適用する預金保険料率についての基本的な考え方は、現行を維持し、全体の実効料率は現状の0.084%の水準を維持するとともに、決済用預金と一般預金等の料率格差については、付保預金1円当たりの預金保険料が均一となるように算定することが適当と考えられること。

    そのうえで、こうした基本的な考え方と対象預金等の動向に基づき、預金保険料率を算定すると、「決済用預金」は0.107%(現行保険料率対比で0.001%の低下)、「一般預金等」は0.081%(現行保険料率どおり)となるが、この料率を平成21年度に適用する預金保険料率とすることが適当と判断したため、決済用預金に係る預金保険料率を変更するものであること。

  • 「議決事項(案)1.」について、運営委員に対し、質問・意見を求めたうえで審議を行い、原案どおり議決された。

2.平成21事業年度予算及び資金計画について

  • 担当理事より、平成21事業年度予算及び資金計画について、各勘定の予算及び資金計画並びに財務状況見込について説明した。

収入支出予算総額   財務状況見込
(単位:億円)
勘定 収入予算額 支出予算額   21年度利益金
(△損失金)
21年度末剰余金
(△欠損金)
一般勘定 22,931 23,287 6,311 △ 2,832
危機対応勘定 12,251 12,510 53 1,110
特定住宅金融専門会社債権債務処理勘定 117 117 △ 332 △ 4,387
金融再生勘定 10,469 10,498 △ 121 △ 3,299
金融機能早期健全化勘定 1,435 1,089 347 15,094
金融機能強化勘定 241,565 241,566 1 8
被害回復分配金支払勘定 11 11 △ 0.1 △ 2
  • 「議決事項(案)2.」について、運営委員に対し、意見・質問を求めたうえで審議を行い、原案どおり議決された。

3.預金保険機構定款の変更について

  • 担当理事より、以下のとおり説明。

    本件は、預金保険機構の借入金等の限度額を変更する預金保険法施行令等の一部を改正する政令が施行されることに伴い、預金保険機構定款に所要の改正を図るものであること。施行日については、預金保険法施行令等の一部を改正する政令の施行日又は金融庁及び財務省の認可取得日を施行の日とする予定である旨、説明。

  • 「議決事項(案)3.」について、運営委員に対し、質問・意見を求めた上で審議を行い、原案どおりに議決された。

4.類型案件に該当する係争が確定したことに伴い、信用組合関西興銀から事業譲渡を受けた近畿産業信用組合からの資金援助(金銭の贈与)の増額申込みについて、次のとおり贈与金を増額すること。

贈与金の増額                        41,557,047円

  • 担当理事より、以下のとおり説明。

    議決事項(案)4については、該当する係争が2つあり、1つの係争については、信用組合関西興銀が、勝訴したため、裁判に要した弁護士報酬等1,803,955円の増額申込みであること、もう1つの係争については、信用組合関西興銀が敗訴したため、敗訴金(遅延損害金を含む。)に弁護士報酬等を加えた39,753,092円の増額申込であること、いずれも類型案件に該当し、確定した損失額も適正であり、近畿産業信用組合に対する金銭の贈与の増額は相当であると判断した旨説明。

  • 「議決事項(案)4」について、運営委員会に対し、意見・質問を求めたうえで審議を行い、原案どおり議決された。

(注) 類型案件とは、破綻金融機関に係る係争案件のうち、訴訟等が現実化する件数又は金額を予測することが困難な案件について、当初の資金援助を決定する運営委員会で、予め、類型、所謂パターンだけを議決し、その後、係争が顕在化し裁判等で損失額が確定した時点で、金銭の贈与の増額について運営委員会で議決を行うもの。

以上

ページトップへ戻る