一般勘定

一般勘定は、金融機関の破綻時に行う保険金の支払及び保険金支払コスト内での資金援助等の業務を経理しています。なお、保険金支払コスト超の特別資金援助等の業務を経理していた特例業務勘定は、平成14年度末をもって廃止され、同勘定に係る資産及び負債は、本勘定に承継されています。

令和2年度における収益は、金融機関からの保険料収入3,678億円及び整理回収機構(協定銀行)からの買取資産に係る回収益の納付金収入118億円など、計3,801億円となっています。

一方、費用は、責任準備金繰入3,686億円、整理回収機構(協定銀行)から収納した納付金収入に係る国庫納付金(旧特例業務勘定納付分)38億円、一般管理費74億円など、計3,801億円となっています。

この結果、責任準備金4兆7,258億円を計上しました。

ページトップへ戻る