私の預金は預金保険でいくら保護されるの?

日頃の備えに、まずはこれ! ~よきんの「よ」~

私の預金は預金保険制度でいくら保護されるの?
預金保険の保護の内容について

預金保険制度によって、万が一、金融機関が破綻した場合でも、利息のつく普通預金、定期預金、定期積金、元本補てん契約のある金銭信託、金融債(保護預り専用商品に限る)などについては、1金融機関につき預金者1人当たり「元本1,000万円までと破綻日までの利息等」が保護されます。

このほか、次の3要件を満たす「決済用預金(当座預金および利息のつかない普通預金など)」は、全額保護されます。

(1)決済サービスを提供できること。
(2)預金者が払戻しをいつでも請求できること。
(3)利息がつかないこと。

具体的には、主に企業が営業資金の決済のために使っている当座預金や、公共料金等の引き落とし口座で利息のつかない普通預金などが、全額保護されます。

さらに詳しく知りたいときは

 

次に知りたいのはどんなこと?

よきんの「よ」 の中から選ぶ

あなたの預金を守ります!
私が預けている金融機関は預金保険の対象かな?
私の預金は預金保険の対象かな?

「よ」「き」「ん」を選ぶ

よきんの「き」いざというときにあわてないために
よきんの「ん」万が一のときに、気になるあれこれ

ページトップへ戻る