破綻後に受け取れる預金の利率はどうなるの?

いざというときにあわてないために ~よきんの「き」~

破綻後に受け取れる預金の利率はどうなるの?

破綻処理上の利息の概要について

普通預金、定期預金などの利息がある一般預金等については、合算して「元本1,000万円までと破綻日までの利息等」が保護の対象となります。

そこで、破綻後の利息の計算については、定期預金の場合、この預金契約に基づき満期時まで有していた場合に適用される利息のうち、預入れの日から破綻日(保険事故が発生した日)までの日数につき日割計算により算出した金額となります。

なお、定期預金は期限前に解約をすると、預金約款等により所定の利率が適用され、利息が少なくなる場合もあります。

さらに詳しく知りたいときは

 

次に知りたいのはどんなこと?

よきんの「き」 の中から選ぶ

万が一、金融機関が破綻した場合、どうなるの?
口座の名義で注意することは?
破綻直前に行った振込みや送金はどうなるの?

「よ」「き」「ん」を選ぶ

よきんの「よ」日頃の備えに、まずはこれ!
よきんの「ん」万が一のときに、気になるあれこれ

ページトップへ戻る