相殺

おとうさん「ウチが預金している金融機関が破綻したら、預金のうち一千万円を超える部分は、保護の対象外?そんなァ、困るよ。そりゃ。」、おねえさん「大丈夫よ。お父さん。」
おねえさん「ウチ、住宅ローンあるでしょ?それと相殺も可能なのよ。」、おとうさん「そりゃ、いい事聞いた。さっそく計算して。」
おとうさん「あら。」、おねえさん「え?どうしたの。おとうさん。」
おとうさん「それでも、まだ。住宅ローンが残ってしまう。」

Q. 預金者のために、相殺という仕組みがあると聞きましたが・・・

預金者が破綻した金融機関から借入れをしていれば、預金と借入金を相殺できる場合がありますよ。

相殺とは

破綻した金融機関から借入がある場合は、下のイメージ図のように、預金と同額の借入を消滅させることができます。これを「相殺」といいます。

保護される範囲を超える預金がある場合は、破綻金融機関の財産状況により一部カットされることがあるため「相殺」を行ったほうが預金者にとって有利になる場合が多いと考えられます。

相殺イメージ図

ご注意ください

相殺するためには、預金者が破綻した金融機関に対して、自分で手続きをすることが必要です。「保護範囲を超える預金等の取扱い」で説明している預金等債権の買取り(概算払)をした預金は、相殺を行うことができなくなりますので、その前に相殺手続を行ってください。


さらに詳しい情報が知りたい方は、こちらのページにどうぞ。

  • 預金保険制度の解説

ページトップへ戻る