(1)不良債権の買取りと回収

金融機関が破綻した場合に預金保険機構が救済金融機関等に対して行う資金援助の一方法として、破綻した金融機関の「資産の買取り」があります。この場合、その申込みを受けた預金保険機構は、その資産買取(回収等を含む)業務を、預金保険機構の100%出資会社である整理回収機構に委託します。同機構は、破綻した金融機関から不良債権等を買い取って、その回収や処分等を行います。

その際、預金保険機構は、整理回収機構との間で整理回収協定を締結して、同機構に対し、①回収業務の実施に必要な指導及び助言、②破綻金融機関から取得した貸付債権等のうち、その債務者の財産が隠ぺいされているおそれがあるもの等については、預金保険機構に付与されている財産調査権を行使し回収を支援する業務などを行い、両機構の連携により、債権回収に最大限努力することにより国民負担の軽減を図るべく努めています。

ページトップへ戻る