預金保険料率の変更について

平成25年3月25日
預金保険機構

預金保険機構は、本日開催された運営委員会において、預金保険の保険料率を以下のとおり変更する旨決定しました。

  1. 預金保険の保険料率は、平成25年4月1日以降、次のとおりとする。
    一般預金等 0.082%
    決済用預金 0.107%
  2. 平成24事業年度内において、「内外の金融市場における価格の急速な下落その他金融市場の状況の急速な悪化等から、預金保険機構の財政に相当の影響を与えることが見込まれる事態」は生じていないことを踏まえ、上記1.にかかわらず、平成25事業年度内において、①預金保険法第49条第2項各号に掲げる保険事故の発生、②同法第74条第1項若しくは第2項に規定する金融整理管財人による業務及び財産の管理を命ずる処分又は③同法第102条第1項第2号若しくは第3号に掲げる措置を講ずる必要がある旨の内閣総理大臣の認定がなかった場合には、同事業年度に適用される預金保険の保険料率は、同事業年度初日にさかのぼって次のとおりとする。
    一般預金等 0.068%
    決済用預金 0.089%
    この場合には、預金保険機構は、当該保険料率に基づく保険料について、上記1.の保険料率に基づき平成25事業年度に既に納付された保険料との差額を計算し、同事業年度末日以降、遅滞なく当該差額を利息を付さずに還付する。

以上

(注) 上記1.の実効料率(一般預金等と決済用預金を加重平均したもの)は0.084%、上記2.の実効料率は0.07%となります。

お問い合わせ先

預金保険機構
預金保険部 企画課
TEL:03-3212-6185

ページトップへ戻る