(Q1-1) 預金保険制度の対象となる金融機関(金融機関預金に該当する金融機関)はどこか。

(A1-1)
  預金保険制度の対象となる金融機関は、日本国内に本店のある次の金融機関である(預金保険法第2条第1項各号参照)。

  • 銀行法に規定する銀行
  • 長期信用銀行法に規定する長期信用銀行
  • 信用金庫
  • 信用組合
  • 労働金庫
  • 信金中央金庫
  • 全国信用協同組合連合会
  • 労働金庫連合会
  • 商工組合中央金庫

(注)     政府系金融機関、外国銀行の在日支店、農林中央金庫、農業協同組合、漁業協同組合、水産加工業協同組合、生命保険会社、損害保険会社、証券会社等は、預金保険法上の「金融機関」ではなく、これらから受入れた預金は「金融機関預金」には当たらないため、保険料計算上「除かれる預金等」には該当しない。

ページトップへ戻る